きなりを飲んでも高血圧が下がらない場合は飲み方が間違っているかも!

きなりを飲んでも高血圧が下がらない場合は飲み方が間違っているかも!

きなりを飲んでいるのに高血圧が下がらない!という方も少なくありません。
サプリなので、効果に個人差があるのは当たり前ですが、まったく血圧が下がらない場合はちょっと飲み方を見直した方がいいと思います。
もしかするときなりの飲み方を間違っているかもしれません。
正しく飲まないと高血圧に効果がないので、飲む前にどうやって飲めばいいのか覚えておきましょうね。
また、誤った飲み方を続けていると副作用を引き起こす危険もあるので注意してください。

きなりを飲む時に注意したい3つのポイント

きなりの本来の効果を引き出し、高血圧を下げるには飲み方に気をつけないといけません。
そこで、きなりを飲む時に注意したい3つのポイントを紹介します。

1日4粒を毎日飲み続ける

きなりの目安量は1日4粒です。
この量を毎日飲み続けることが非常に重要になってきます。
高血圧に効果がないと言っている方は、飲み忘れてしまって、毎日継続できていないケースが多いです。
毎日飲み続けないと高血圧には効果がないので、飲み忘れを防ぐためにも飲むタイミングを固定した方がいいと思います。
私も最初は飲み忘れることがありましたが、いつ飲むか決めてからは継続できるようになりました。

空腹時に飲まない

空腹時は吸収率が悪いので、きなりを飲むには適さないです。
また、空腹の状態で飲むと胃腸への負担も大きくなり、お腹が痛くなることがあります。
おすすめは食事中や食後です。
お腹に食べ物が入っている状態の方が吸収率がいいので、きなりの効果を最大限引き出したいなら食事中や食後に飲むようにしましょうね。
その方がお腹にも優しいですし。

必ず水で飲む

コーヒーやお茶でサプリを飲んでいる方も多いですが、吸収率のことを考えるとおすすめはできません。
やはり、きなりは水で飲んでください。
コーヒーやお茶にはカフェインやカテキンという成分が含まれています。
実はこの2つの成分には、吸収を妨げる働きがあるんです。
冷たい水だと胃腸への刺激が強いので、できれば常温の水がいいでしょうね。

高血圧を下げたいならまずは3ヶ月続けてください!

きなりの効果は人によって異なるので、早い人もいれば遅い人もいます。
ただ、どちらにしても即効性のある商品ではないため、飲んですぐに高血圧が改善するということはないでしょう。
公式サイトでも推奨しているように最低でも3ヶ月は続けた方がいいと思います。
3ヶ月飲んでみて効果を実感できたなら、次は1年を目標に続けてください。
そのくらい続けていれば、かなり血圧は安定しているはずです。

きなりはそれほど高価なものではありませんし、ニオイも気にならない飲みやすいサプリなので、どなたでも続けやすいと思います。
飽きっぽい私でも継続できているので大丈夫です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする